おすすめがん保険の商品をいくつかご紹介。生命保険に関する豆知識のコーナーも!

おすすめがん保険比較~がん保険の紹介とがんに対する基礎知識~
おすすめがん保険比較~がん保険の紹介とがんに対する基礎知識~ TOP

おすすめがん保険比較~がん保険の紹介とがんに対する基礎知識~ TOP

おすすめがん保険比較(以下当サイト)は、私がオススメするがん保険の紹介を目的としたサイトです。
また、がん保険の紹介以外にも、万が一がんになってしまった際に支払われる給付金、がん保険比較の際に役立つ比較サイトのご紹介など、様々な役立つコンテンツをご用意しています。

少しでもがんに対する知識を深めたり、がん保険を比較する際に、当サイトがその一助となれば幸いです。

現代社会において最も死亡者数が多いといわれ、万が一発症した際の家計や自分にかかる負担も非常に大きいがんですが、金銭負担を最小限に抑え治療に専念できるようにするためにも、日頃から備えはしておきたいものですよね。

そういった日々の不安を解消するために、まずはがん保険から検討してみませんか?


○そもそもがんとは

一般にがんと呼ばれる病気ですが、体のどこかへ悪性の腫瘍が出来て、何もせず放っておくと腫瘍がどんどん全身へと転移し、やがて死に至るという恐ろしい病気です。

がんに侵された際の症状としては(患部や進行状態によりますが)呼吸が困難になったり、感染症にかかるリスクが増えたりします。
他にも不定期に熱が出る・患部が圧迫される痛みで食事や会話が困難になる・歩行する事すら苦痛を伴うなど、日常生活に様々な支障をきたします。

初期症状というものが実はあまり無く、会社の健康診断で腫瘍が見つかり、再検査してがんが見つかるという事もあります。
ですので、普段病院にも健康診断にも行かないという方はがんの発見が遅れ、がんの進行を許してしまう危険も潜んでいます。

初期段階でがんを発見できた場合は、早期の治療により完治することも可能ですが、発見が遅れてしまったり、末期段階まで進んでしまったりした場合(おそらく稀でしょう)は、先進医療を受けることが多く、がんの治療に数十万円から場合によっては1千万円近くの金銭的負担を強いられることになります。

健康に自信がある方も、最近胸が圧迫される・胃の調子がおかしい等、ちょっとでも普段と違う体の異常を感じたら、病院へ行って診てもらう事をおすすめします。

がんという病気は、患者も家族も長く闘う事になるとても辛い病気です。介護するご家族の方の仕事や生活にも影響は出てきますし、介護する事自体が嫌になるかもしれません。

私の母も数年前肺がんで亡くなり、時期を同じくして父も胃ガンになりました。幸い父は初期段階で胃を摘出後再発することも無く現在に至っていますし、がん保険のおかげで金銭的・精神的負担は和らぎましたが、母の方はがん発見時に相当進行していたため、余命数年という状態でした。

2年ほど闘病生活を送っていましたが、がん保険に加入していなかったため、金銭的な負担が重くのしかかり、精神的にも追いつめられていて、前もってがん保険に入っておけば…と当時は強く思ったものです。

もしもがんになってしまった際には、周りの支えも大事ですが、がん保険に加入しておけば、金銭面だけでなく精神的も幾分和らげる事が出来ると思います。


○がんを予防するためには?

前もってがんを予防する事が出来れば、自分も家族も大変な思いをするリスクを減らせます。でもどうやって予防することが大事なのでしょうか?

まずバランス良く食事を取るという事です。生活習慣病の予防にも繋がります。
自分の食べたいものを食べるという事も、ストレス発散になりますし、たまにはパーッとしたいですよね。
でも食べ過ぎたり、気づいたら肉ばかり食べていたりして偏ったりはしていませんか?
野菜中心という方も、魚や肉などを意識して摂取することをオススメします。

例えば週2回ほど昼食は魚と肉、他の3日は野菜を中心にするなど、バランス良く一日3回食事を取り、腹八分目を目安に、あまり食べ過ぎないように心がけましょう。

次に、適度な運動です。
週末のウォーキングやランニング等もいいですし、毎日10分程会社のお昼休みやお風呂上がりのストレッチもいいですね。
無理せず、長く続けることが予防に繋がります。

また、ストレスを溜め込まないことも重要です。
誰しも上司の嫌みや他人のちょっとした行動がイラッとくることがたまにはあります。
ストレス社会といわれて久しい昨今ですが、普段から溜め込まないように意識する…というのは結構難しいですよね。

運動でも趣味でも構いませんので、たまにストレスを発散する機会を作る事をおすすめします。お酒も良いですが、飲み過ぎはかえってがん予防には逆効果ですので、お酒を飲む方は程々に。

普段生活を見直して、がんを予防しましょう。



必要な保障だけを選べるがん保険はこちら↓↓
がん保険選び方 口コミ


トップへ